トップ  >  外来について

病院について

健康診断、がん検診について

入社・入学時などに必要な健康診断を行なっております。
足立区の特定健診・がん検診も行なっております。
足立区の特定健診は予約なしで受診できます。
足立区から送付された書類一式をお持ちになり、受診ください。
足立区のがん検診は、大腸がん検診、前立腺がん検診、胃がんハイリスク健診を実施しております。
こちらは足立区への事前申し込みが必要です。
足立区の担当窓口、ハガキ、インターネットでの申し込みが可能です。

がん検診 足立区のホームページはこちらから

内視鏡について

当院では胃内視鏡・大腸内視鏡の検査を毎週火曜・土曜の午前に行っております。

胃内視鏡について

経鼻の胃内視鏡も実施しております。のどの反射が強い方には鎮静剤を使った胃内視鏡も実施しております。

大腸内視鏡について

大腸内視鏡は日帰りでも実施しており、小さなポリープであればその場で切除ができます。また日帰りでは不安という方には一泊で行う大腸内視鏡も可能です。大腸ポリープを切除した場合、切除の状況に応じて入院が必要になる場合があります。また大きいポリープや扁平なポリープは外科的なバックアップが必要となり得るため関連病院に紹介させて頂いております。
40歳をすぎると大腸ポリープができやすくなります。また大腸ポリープには将来癌に変わるものがあります。大腸ポリープを確実に発見するためには大腸内視鏡が有効です。症状が気になる方や、40歳以上の方は大腸内視鏡を行うことで、大腸ポリープの早期発見や予防につながります。検査をご希望される方は受診ください。

糖尿病外来について

当院では、2013年7月より糖尿病専門外来を開設しました。一口に糖尿病と言っても、患者さん個人によって原因や病態、治療目標は様々です。
当院では、それぞれの患者さんの病態に合わせて、治療に使用する内服薬やインスリン注射の種類、食事指導内容を決めていきます。
また、自覚症状の無いうちから眼や腎臓、血管などに出る恐れのある合併症の健診を受けることも非常に重要です。 当院での検査に加え、近隣の眼科医院とも連携して合併症のフォローアップを行います。

また、糖質制限、MEC食、蛋白脂質食の指導や、SPT、インスリン分泌抑制法などの治療も行っています。
http://yuai-hospital.jp/medical/#gairai 

もの忘れ外来について

水野雅登医師による物忘れ外来を行っています。
物忘れには正常加齢によるものと病的認知症によるものがあります。また、認知症には脳が萎縮するもの(アルツハイマー型認知症)、血管が詰まるもの(脳梗塞などによる脳血管性認知症)、その他のもの(脱水、甲状腺機能低下症、正常圧水頭症など)があります。
当院ではCT、超音波、脈波伝播速度検査、問診による検査などで認知症の検査・診断を行います。提携医療機関でのMRIも施行しております。
物忘れは適切な治療で症状を緩和したり進行を遅らせたりすることができます。
物忘れが気になる方は受診ください。

外来について